弁護士に借金の相談をしてみよう【過払い金が戻ってくるかも】

個人では限界が

レディ

取引の分断は弁護士に依頼

既に借金を完済し終わっている方でも過払い金が発生している可能性があります。別にそんなに借りていいないという方でも少額の借り入れを繰り返していると、借金の大小に関わらず利息制限法を超える金利で4〜5年取引していれば過払い金が発生している可能性が高くなるのです。一般的には、弁護士や司法書士に相談をして請求手続きを代行してもらうものなのですが、過払い金を取り戻せたとしてもそこから成功報酬などの費用が差し引かれて手元に戻ってきます。そのため個人で請求手続きをしたほうが手元に入ってくる金額は大きくなります。しかし、問題は個人でどこまでできるかです。過払い金を自分で計算をすることになります。これは、インターネット上に取引の履歴を打ち込むだけで簡単に計算してくれるフリーソフトがありますが、そもそも個人で立ち向かっても当初請求予定した金額の半額程度しか回収できない、法的根拠が乏しいなどの理由から応じてくれないといったケースもあるようです。他にも取引の分断です。借金をして一度完済し、また借りていたケースです。完済してから再度借入れをするまでの空白期間が長いとそれを一連の取引とはみなさず個別の取引とみなすかです。個別取引とみなしたほうが過払い額は少なくなりますので業者はこちらを主張します。そういった素人に判断が難しいこともあるので弁護士に相談をしたほうがよいのです。借金相談するメリットは、取引分断が争点となったら裁判に移行することがあります。裁判となると個人なら平日出廷しなければならなくなります。それが弁護士に相談することで、書類作成から出廷、交渉も代行してもらえます。

Copyright© 2018 弁護士に借金の相談をしてみよう【過払い金が戻ってくるかも】 All Rights Reserved.